京都製作所のクレートケーサーは製品の損傷や転倒を防ぐ正確な集積方法、優れた安定性、静音設計そしてロボットを活用した高度なハンドリング技術が最大の特徴です。

牛乳瓶用クレートケーサー

牛乳瓶用クレートケーサーは、瓶をバケット内に連続で取り込み、間欠で取り出すサーボループ機構を集積部に採用し瓶同士の接触をなくすことで、瓶の損傷(すれ瓶)、倒瓶を防止することができます。
また、優れた安定性とともに、低騒音および高速性をも実現しました。

KCC-100B

KCC-100B
型式 KCC-100B
能力 36,000本/時
機械寸法
(単位mm)
2,600×2,865×3,230(高さ)

ゲーブル用クレートケーサー

ゲーブル用クレートケーサーは、E型集積機構を採用することにより製品同士の干渉をなくしたため、製品の倒れを抑止。きわめて優れた安定性を誇ります。

KCC-100G

型式 KCC-100G
能力 8,000本/時
機械寸法
(単位mm)
1,700×1,300×3,000(高さ)