本文へスキップ

私たちのミッションは 「誰もつくったことのない機械設備」 を世の中に送り出すこと

専用ダイアル: 0120-20-9102

〒613-0916 京都市伏見区淀美豆町377-1

福利厚生/採用FAQ福利厚生 & 採用FAQ

受入体制

ハワイ旅行

「社員海外旅行は家族同伴OK」

社員が頑張った結果として実施された海外旅行。ハワイ、グアム、西海岸、シンガポール…と、2年に一度のペースですっかり定着しました。グアム、ハワイ、シンガポール、ラスベガスへは家族も同伴とうれしいツアーです。


社員食堂

「ホテル出身コックが腕を振るう社員食堂」

社員食堂には、大手企業系列のホテル出身のコックを採用し、栄養を計算しながら、和食・洋食のメニューを日替りで用意。使用するお米は、最上級のコシヒカリ。細やかな心くばりで作られる、味も栄養も満点のランチが、社員たちのエネルギー源です。


マンションイメージ

「ワンルーム形式の独身寮」

2016年に全部屋数70室の新しい寮が完成! 遠方から当社に入社されても、安心して働いていただける環境をご用意しています。京都・本社から徒歩7分の好立地で、しかも家賃は、月1万円。全室、テレビ、冷蔵庫、エアコンを完備し、寮母さんがバランスのとれた、心のこもった食事用意してくれるなど、まさにいたれり、尽くせり。ゆとりのシングルライフが満喫できます。 また、同期はもとより、先輩社員、後輩社員たちとも、ぜひ交流を深めて下さい。


テニスイメージ

「スポーツ設備を完備」

スポーツ好きの多い京都製作所では、スポーツイベントも盛りだくさん。社員自らが企画したスキーツアーも例年恒例です。社内には、ナイター設備付のテニスコートや、フットサルコートを設置しています。仕事の後、あるいは休日に、スポーツで汗を流して、心身ともにリフレッシュ。京都製作所は、オフの充実もしっかりサポートしています。



採用FAQ

Q.大学院生の採用はありますか?

A.
大歓迎です。より多様化・複雑・高度化していくお客様の難題に、果敢に応えていく思考とチャレンジ精神に期待しています。

Q.学校推薦と自由応募では選考過程でどのような差がありますか?

A.
選考過程そのものには差はありません。学校推薦での応募を希望される方も、必ず会社説明会や工場見学に参加して頂き、実際にご自身の目で当社の働き方を確かめて下さい。し就職活動とは、文字通り「職」に「就く」ための活動です。当社の仕事を正確に理解して頂いた上で、ご応募ください。

Q.技術的な知識や専門的な知識はどこまで必要ですか?

A.
技術系の方は、機械工学、制御工学、電子工学、システム工学などの基礎をしっかりと勉強をされていればそれに越したことはありません。入社までにどれだけの知識・技術を持っているかも大切ですが、入社後に学生時代とは比較にならないほどの知識・技術を身につけられますから、このレベルの知識が必須であるというようなことはありません。働き始めたからは日に日に専門家となっていきますから、学生時代に身につけておいて欲しいことは、いろんなことに興味を持つ探求心かもしれません。というのは私達の仕事は、一見機械には何の関係もないバイオテクノロジーとか、マルチメディアなどの分野に、意外と多くの接点を持つかもしれないからです。

Q.転勤や人事ローテーションは定期的に行われるのでしょうか?

A.
技術系業務は専門的な能力発揮が求められるために、例えば入社5年までに何部署経験といった意味のローテーション制度はありません。というよりも、企業からの課題を解決するために、色々なエキスパートが集まり、プロジェクトを組む事が多いため、フレキシブルな人の動きがあります。営業系では異動の可能性はあります。

Q.職場のパソコン・ネットワーク環境は? またどれくらい使いこなせればよいのでしょうか?

A.
必修アイテムです。OSはWindows。Word、Excel、Access、Powerpoint等を活用します。また、メール、スケジュール管理、データ共有等も幅広く活用します。なお、ネットワーク構築・管理などは、関連会社である京製サービスが行なっています。

Q.配属はどのようにして決まるのですか?

A.
技術職の場合の配属先は研究開発をする部署、開発設計をする部署、システム設計をする部署などがありますから、各部署のニーズと新入社員の適性により決定します。決定は入社後ただちに行うのではなく、1年から3年程度の育成期間を経て、正式配属となります。当社は機械(制御)設計技術者を求めていますから、どの部署に配属されても機械(制御)設計に従事することになります。営業職の場合も配属先が東京になったりすることはありますが、業務内容は部署にかかわらず同じです。

Q.語学に自信アリ。海外に出るチャンスはありますか?

A.
北米、ヨーロッパ、韓国に子会社を設立、東南アジア方面への進出も押し進ています。海外との商談はハイペースで増えており、技術・事務系を問わず海外出張の機会が増えています。特に営業職は、TOEFL、TOEICなど英語によるコミュニケーションスキルの有無が問われてきています。ただ、語学力を選考基準の第一にしているわけではありません。仕事能力、技術力、向上心、チャレンジ精神が大切。語学ができるだけでは×です。


バナースペース

お問合せ

〒613-0916
京都市伏見区淀美豆町377-1

TEL 0120-20-9102
Email saiyo@kyotoss.co.jp


キャチロボバトルコンテスト